闇金地獄への階段

闇金地獄のスタート
闇金から借金をする場合、大抵の人は数万円という少額のお金を借りることしかできませんので、相手が闇金だと分からずに安易な気持ちで借りてしまう場合が多いようです。

 

しかし、この数万円という少額の借金こそ、闇金地獄へのスタートだと言うことを知っておくべきなのです。

 

あなたが知っての通り、闇金の金利というのは貸金業法で定められた金利を大きく上回っているのですが、具体的に言うと最近はトイチ(10日で1割)で貸してくれるところはなくて、ほとんどの場合がトサン(10日で3割の金利)や、トゴ(10日で5割)という恐ろしい金利で貸し付けています。

 

闇金からお金を借りる人は、銀行や大手の消費者金融で借入を断られて他に貸し手がいないケースが多く、金利の説明を受けても考えることもなく、貸してくれれば「ありがとうございます」というような気持ちで、借りてしまいます。

 

たとえ数万円の借金だとしても、金利がトサンの場合、10日ごとに3割の金利を納める必要があるのです。
実情は10日後までにヤミ金業者へ元金と金利を完済し「はい、さようなら」なんて人はほとんどいません。

 

たとえ10日ごとに元金は返せなくても、トサンの金利だけを払い続ける「ジャンプ」を使う場合が多く、この「ジャンプ」こそがヤミ金が一番望んでいる状態、ヤミ金地獄のスタートとなります。

 

闇金地獄

ヤミ金に金利すら払えなくなるとどうなるのか?

10日ごとの金利が払えなくなると、急に嫌がらせに入るわけでなく、借金をしている人の裏(親戚や身内など)からお金が出てくる可能性があるとよんだら、関連の闇金業者を使って更に借金をさせ、多重債務者にしてしまいます。

 

もし借金をしている人の裏(親戚や身内など)からお金が出てこないだろうという場合、他の闇金業者から元金を含めた金額を借りさせ、そこで切り捨てる場合もありますが、いずれにしても借金をしている人は更なる地獄が待ち受けています。

 

闇金の取り立てに回るのは、闇金業者の中でも一番下っ端が来ますので、手荒な行為を行う場合も多々あります。
またインテリ系の闇金の場合は、電話攻撃などの嫌がらせは得意ですが、電話で応じない場合は自分たちでは回収できないので、他のチンピラの集まりの様な債権回収代行に債権を売ってしまいます。

 

どちらにしても、闇金から借金をして返済が滞ると恐ろしい嫌がらせへの道に入って行くことになりますので、精神的に追い詰められ、社会的な信用を失う前に、闇金対応の専門家(弁護士・司法書士)に相談する必要があります。

 

 

《サイトトップ》

728-90